読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『ベルサイユのばら』で読み解くフランス革命、を読んでこの視点なら歴史嫌いでもわかるかも!

どうも、更新いたします
今回読んだ本はこちら


DSC_0729.jpg
『ベルサイユのばら』で読み解くフランス革命 (ベスト新書)


購入のきっかけは、物凄く「タイトル」です
こんな視点で読んだら、どう見えるのかな?と思い購入しました

いか主な内容です

少女漫画の金字塔『ベルサイユのばら』。男装の麗人オスカルやフランス王妃マリー・アントワネットなど、フランス革命期という激動の時代を生きた人々の一生を壮大なスケールで描いた同作は、通称「ベルばら」として長らく多くのファンに愛されている。ベルばらは、もちろん歴史の教科書などではなく、史実をもとにしたフィクション作品である。しかし、その時代を生きた人間の実像がありありと描かれている同作は、教科書からは読み取れない歴史の重要な一面を、私たちに見せてくれる。本書では、そんなベルばらを通してこそ見ることのできるフランス革命史を、丁寧にひも解いていく。

と、ございますが
かなーーーり漫画の挿絵が多めです。

そのためか、ページ数もそれほど多くないこともあり
かなりスルッと読めます
かなりです。
なので、入門書としてはとても良いと思います
漫画に沿って、読み解く?のですがそれほどガッツリ深い部分まではいきませんが
読み易いく、抵抗が少ないのが魅力的です。


PR




逆に、もう少し「欲しい」人には、物足りない感が否めませんが
これから、という方には良いのではないでしょうか?
難しい表現もなく、肩の力を抜いて読める歴史書的な位置づけだと思います。

最後までお読みいただき、まことにありがとうございます
では、次回の更新まで





書籍データ

『ベルサイユのばら』で読み解くフランス革命 [ 池田理代子 ]




発売日: 2016年07月08日頃
著者/編集: 池田理代子
出版社: ベストセラーズ
発行形態: 新書
ページ数: 181p

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

新書 | コメント:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>