読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『深煎りの魔女とカフェ・アルトの客人たち ロンドンに薫る珈琲の秘密』を読み申した。

どうも、更新いたします
今回読んだ本はこちら↓



深煎りの魔女とカフェ・アルトの客人たち ロンドンに薫る珈琲の秘密 (宝島社文庫)



まずは、あらすじです

ロンドン・ブルームズベリーにひっそりと佇む『カフェ・アルト』。その店主・アルマは『深煎りの魔女』とあだ名されている。彼女の珈琲と焼き菓子、カクテルに入れこむ紳士淑女は数知れず、訪れた客人を魅了していく。20世紀ロンドンの美しい世界観、珈琲や焼き菓子の蘊蓄と、心温まるエピソードが絡まっていく。ほのかに苦くて甘い魔法に掛けられたような、コージー・カフェストーリー。

最終的に、「魔女」の真相に迫っていきますが
これ、一度読み直しました。
流し読みでは、ちょっと読みにくかったですが、序盤はとても読み易く
一番描写されていたのが、やはり「コーヒー」系の描写や、それと「スイーツ」系の描かれ方がとても鮮明で、脳裏にありありと浮かんできます。





PR




「含み」が多少ありましたが、それもすんなり理解できたので、その点も良かったです
総じて、とても読み易くまとまった作品だったなと感じました。
また物語の終盤に進むにつれて、季節や時間が過ぎゆくのがわかる場面もあり、配達員の少年が最終的に、そうなるのか!
猫の存在もそうです。
特に、難しい表現はなかったのですが一点

「アメリカ-ノ」についてですが、カクテルもあります。
また、アメリカン珈琲とまた違った感じの珈琲もあるので、そこがちょっと気になりました。
まあ、とても些細なことですが

全体を読んでは、淡い印象の作品でした。
とても読み易く、ストーリーも面白かったです。
それこそ、ほんわりとしたカフェのような雰囲気が味わえる本だと思います。




書籍データ

深煎りの魔女とカフェ・アルトの客人たち ロンドンに薫る珈琲の秘密 [ 天見ひつじ ]





発売日: 2017年10月05日頃
著者/編集: 天見ひつじ
出版社: 宝島社
発行形態: 文庫
ページ数: 256p

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

小説-現代- | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>