読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

恋都の狐さん (文庫)を読んでみたよ!

スポンサーリンク


どうも
更新します笑

さて今回は、すごーーーーーーーーく久しぶりに
恋愛要素もある本を読んでみました
むしろ、それメインです

それがこちら




恋都の狐さん

舞台は、奈良県に通う女子大生が中心となった物語です
常に狐のお面をつけている「狐」さんが登場します

狐さんは、定職に就かずに奇術(マジック)などで細々と生計をたてておりますが、いっさいお面を外しません

言動も少し変わっている狐さんに
段々と惹かれていく

とても、素直な主人公とひねくれ者、そんな関係ですかね?
間には、狐さんと幼馴染で美人で料理もできる!
そんな超強力なライバルもおります

さて、どうなっていくのでしょうか?
と・・・最後まで読みましたが

「ふぁ!?」というようなラスト
言いませんが・・・

シリーズ化されているようなので、そちらを読んでみないとなんとも言えませんが

PR
 






しかし、奈良の情景描写は凄く細かいと思います
特にお祭りの描写は、私は好きです
実際に奈良に行ったときは無いのですが、少し体験できたように思います

また、食事のシーンも私は好きです
「わかる、わかる」

と内心思いました
イワシをそうして食べたいです

そんな狐さんを取り巻く、お話ですが
今後が少し気になるので、続きを買うかもしれません
読みたい本が、まだまだあるのでそちらを消化してからですが
では、本日はこのへんで
最後までお読みいただき、ありがとうございます


書籍データ

恋都の狐さん [ 北夏輝 ]




発売日: 2014年03月15日頃
著者/編集: 北夏輝
出版社: 講談社
サイズ: 文庫
ページ数: 316p

どうぞ、お気軽にコメントなどを入れていただけると
嬉しいです笑


スポンサーリンク

小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ガーリー・エアフォース(ライトノベル文庫) を読んだのです | ホーム | 死亡フラグが立ちました(文庫)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |