読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

死亡フラグが立ちました(文庫)

スポンサーリンク

どうも
毎日ご覧なってくださる方もおられるようで
ありがとうございます

さて、今回の本なのですが
こちら




IMG_20161110_210946800m.jpg


死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫)


なのですが、こちらはもう衝動買いです笑
タイトルがあまりにも私を惹きつけました

ジャンルとしては、サスペンスに入るのでしょうか?
とある雑誌の記者と、なんでもこなせるスーパー人間が、「死神」と呼ばれる殺し屋から、どうやって逃げるのか??また
まもれるのか?といった内容ですが
読んでみると、ビックリします笑

え?これ変過ぎない!?と思うとろこは、多々ありますが
それも、この本の世界では「ありえそうな」展開なのです
だから、読んでいて「まっさか!」と心の中ではツッコみを入れながら
不自然のない、流れにちょっと自分はいったい何を読んでいるのだろうか?とすら思える

第二作品目も読みましたが
どちらも好きです
どちらかと言うと、こちらの一作品目が好きなので
今回はこちらのみのご紹介を




PR
 






最後まで、飽きずに読める作品だったと思います
テンポも良いので、そこも好感がもてる一品
あらたな物語のスタイルに、少し感動しました

ここまで、崩しているのに
全然崩れていない!
私はそう感じて読むことができました

文庫本の大きさなので、合間にお読みになるには
とても良いと思いますので
よろしければ、お手にとってご覧ください
それでは、次回の更新まで


書籍データ

死亡フラグが立ちました! [ 七尾与史 ]




発売日: 2010年07月20日
出版社: 宝島社
ページ数: 349p

どうぞ、お気軽にコメントなどを入れていただけると
嬉しいです笑
リンクをご希望の方は、ご一報ください!


スポンサーリンク

小説-現代・ミステリー・サスペンス- | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<恋都の狐さん (文庫)を読んでみたよ! | ホーム | ぼくは猟師になった(文庫)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |