読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

スポンサー広告 |

『神様の定食屋』(双葉文庫)を読み終わりました。

スポンサーリンク

どうも、更新いたします
発売して早々に読み上げました
読み終わったのは、発売日ですが、更新が遅くなっております涙
では、今回読んだ本はこちら⇓




神様の定食屋 (双葉文庫)


そうですね、主人公の男性は「料理」に関することがまるでできません
なぜ?定食屋をやっているのでしょうか?
そして、そんな環境で定食屋は務まるのでしょうか?

そんなところから、物語は始まります
定食屋での仕事に息詰まると、とある神社?お寺?(読んでいただけるとわかります)に向かい
お願いをいたします

すると、とてもフランクな神様が登場して
主人公に、料理と「心」を教えてくれる人を憑依させるのです
そして、憑依された人も料理と主人公の身体を通じて無念を晴らしていきます

とても、心温まる内容となっており
ページ数も300頁ちょとなので、とてもスラスラと読めます


PR






読んでいて疲れのとれる内容になっており
楽しかったです
料理と人が紡ぐ、不思議な物語
ありがとうございます


書籍データ

神様の定食屋 [ 中村颯希 ]




発売日: 2017年06月15日
著者/編集: 中村颯希
出版社: 双葉社
サイズ: 文庫

最後までお読みいただきまことにありがとうございます。
次回の更新まで



スポンサーリンク

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

小説-現代- | コメント:0 |
<<『鳩子さんとあやかし暮らし』を読みました | ホーム | 『建築学科のけしからん先生、天明屋空将の事件簿』を読んで楽しかったです>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。