読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『空き店舗(幽霊つき)あります』を読んで、予想以上に良かったです

スポンサーリンク

どうも、更新いたします
今回読んだ本はこちら⇓






空き店舗(幽霊つき)あります (幻冬舎文庫)



最初に言いますと、個人的にはとても楽しめた内容でした
ビルのオーナーは困り果てていました
「幽霊」が出没するビルなので、店子さんたちは皆出ていってしまいます
なので、起死回生の策として家賃を半額にし、「幽霊」着きという条件で募集をすると
個性豊かな店子さんたちが集まってきます

しかし、その店子さんたちも心に問題を抱えており
その幽霊が、優しく解決の糸口を導き出してくれます

そんな物語ですが、最後まで飽きることなく読めました
私は冒頭の古本屋の場面で、「あ、スキかも・・・」と感じ、スラスラと抵抗なく読めた一品でした

ビルのオーナーの会話も面白く
最後も綺麗に終わっており、260頁ほどですが、読み応えはあり印象に残っております

古本屋・パンケーキ専門店・美容室・弁護士事務所

各パートの頁構成枚数が50頁前後しかないのですが、十分楽しめました。
ありがとうございます。


PR





優しい「幽霊」と、新たな店子さんたちとの振れ合いと「縁」の物語
とても、良かったです
ありがとうございます。



書籍データ

空き店舗(幽霊つき)あります [ ささきかつお ]




発売日: 2017年05月09日頃
著者/編集: ささきかつお
出版社: 幻冬舎
サイズ: 文庫
ページ数: 260p

スポンサーリンク

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『そして、アリスはいなくなった』を読んで、様々な視点からの本でした | ホーム | 『京都の甘味処は神様専用です』を読み終わりました!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |