読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『京都の甘味処は神様専用です』を読み終わりました!

スポンサーリンク

どうも、更新いたします
今回読んだ本はこちら⇓





京都の甘味処は神様専用です(双葉文庫)


内容を簡単にご説明いたしますと
とある「縁」が切っ掛けとなり、主人公がある甘味処に伺うと

ごにょごにょな結果により、借金を背負ってしまいます。
その甘味処は、なんと神様も訪れる不思議なお店なのです

そして、主人公とお店の仲間たちが訪れる神様の悩みを解決していくのが、主なストーリーです

設定では、オーナーの青年と主人公は「イケメン」なのですが
その二人がメインとなって活動していきます

文章的にも、内容的にも小難しいところはございません
ちょっとの合間に読める内容だと思います。

全体的にとても抽象的な表現になってしまいますが「淡い」かな?
と感じる場面があり、少し物足りない感もあります



PR





京都の甘味処が織りなす不思議な物語
ありがとうございます

では、次回の更新まで
最後までお読みいただきまことにありがとうございます。

書籍データ

京都の甘味処は神様専用です [ 桑野和明 ]




発売日: 2017年05月11日
著者/編集: 桑野和明
出版社: 双葉社
サイズ: 文庫


スポンサーリンク

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『空き店舗(幽霊つき)あります』を読んで、予想以上に良かったです | ホーム | 『憧れの作家は人間じゃありませんでした』を読んだよ!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |