読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『綾志別町役場妖怪課 暗闇コサックダンス』を読み終わりました!

スポンサーリンク

どうも、四月です
更新します。
今回読んだ本はこちら⇓




綾志別町役場妖怪課 暗闇コサックダンス(角川文庫)



前作の『朧月市シリーズ』の続編ですね

前作の最後がけっこう綺麗に終わっておりましたので、続きは出ないだろうな・・・と思っておりましたが
書店で見かけて速攻買いました

こう、凄く面白い!というわけではございませんが
なぜか癖になります

さて、今回の舞台は北海道で前回は日本の妖怪を主体にしておりましたが、ロシアの妖怪が主体になります
なぜ?というのは本編をご覧ください・・・

前作より、私は好きです
そして、キニナル終わり方で終わったので、続きがとても楽しみです
今回も個性的なキャラクターが登場し、刑事まで絡んできます
主人公は、持ち前の「妖怪に好かれる」能力を使い、事件を解決していきます

構成がしっかりしており
読み易く、内容も面白いです


PR





なんとなくで、読み始めたシリーズですが
続けて読んでいくと、こうハマっていきますね
早く続きがでることを祈っております
では、最後までお読みいただき
誠にありがとうございます。次回の更新まで


書籍データ

綾志別町役場妖怪課 暗闇コサックダンス [ 青柳 碧人 ]




発売日: 2017年02月25日
著者/編集: 青柳 碧人
出版社: KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 304p

スポンサーリンク

青柳 碧人-妖怪課シリーズ- | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『横浜元町コレクターズ・カフェ』を読んだのです | ホーム | 『冬の巨人』を読んで、予想以上に面白かった>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |