読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『冬の巨人』を読んで、予想以上に面白かった

スポンサーリンク

どうも
更新します。

さて、今回読んだ本はこちら⇓



冬の巨人(富士見L文庫)



こちらは、初めて発行されたのは2007年とのことでしたが
200頁ちょっとの作品です

しかし、個人的な感想ですが内容はそれ以上でした

永遠に続く冬の世界で、「巨人」と共に生活していく人々
そして、しだいに巨人や人々に静かにある変化が迫っていきます

主人公の少年は、弱気ながら芯はしっかりとしている感じがします
まわりのキャラクターも個性的で、読んでいてとても楽しいものでした

そして、色がほとんど感じられない空間と感じられる空間
さらに、ある少女の登場により世界は劇的に変化していきます

私は、この作品を読んでいて飽きることは無かったです
最初から最後まで、一気に読めました。

難しい表現もなく、明るい未来を感じさせる終わり方もとても素敵でした




PR






少し前の作品ですが、著者が修正したこともあり
違和感なく読めた作品
出会えたことに感謝です

ありがとうございます。


書籍データ

冬の巨人 [ 古橋秀之 ]




発売日: 2014年07月10日頃
著者/編集: 古橋秀之
出版社: KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 205p

スポンサーリンク

小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『綾志別町役場妖怪課 暗闇コサックダンス』を読み終わりました! | ホーム | 『今日から「夫」と言われても NDY企画任侠事件簿』を読んだのです>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |