読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『僕が七不思議になったわけ』を読み終わりました

スポンサーリンク

どうも、更新いたします

では、今回読んだ本はこちら⇓

IMG_20170319_134240.jpg
僕が七不思議になったわけ(メディアワークス文庫)


小川さんの書籍です。
この著者の本は、一応全て読んだことになります
個人的に、設定や内容がとても好みですので、進んで買ってしまいます

お話の内容は、タイトルにもあります
主人公が、学校の七不思議になる話しです
え?と思うと思いますが

その力や他の七不思議の力を借りて、学校に発生する悪事を解決していく場面もあり
そこで、ある女性と仲良くなっていきます

なぜ?彼は七不思議になったのでしょうか?

そこが大きなポイントですね

少し、話の場面が大きく切り替わる時がありますので、注意が必要ですが
少し考えるとわかります

上記にも書きましたが、私はこちらの著者の作品が肌にあいますので
スラスラ読んでしまいました

とても、良かったです

PR





時間と空間と人の想いが重なる
心が温まる内容ですので、読んでいて疲れません

良い感じでした。

書籍データ

僕が七不思議になったわけ [ 小川晴央 ]





発売日: 2014年02月25日頃
著者/編集: 小川晴央
出版社: KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 262p


最後まで、お読みいただきまことにありがとうございます
では、次回の更新まで

スポンサーリンク

小川晴央シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『今日から「夫」と言われても NDY企画任侠事件簿』を読んだのです | ホーム | 『僕が恋したカフカな彼女』を読んで、最初はん・・・でも後半は!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |