読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『やり残した、さよならの宿題』を読んで、うんやっぱり良かった!

スポンサーリンク

どうも、いつもご覧いただきまことにありがとうございます

今回も更新いたします
読んだのはこちらです





やり残した、さよならの宿題(角川文庫)


ちょっと、見にくいですが
この小川さんの本は、私は二作品目でございます
そして、一番最初の本も購入済みです
なぜ?最初から読まないのか?それはちょっとした訳がございまして・・・

では、読んだ感想なのですが
ここで一言

この表紙を実は載せたくなかったです
若干ネタバレを含んでおりまして
読んでみないと、わからないと思いますが

概ねな内容としては、悔いのない夏休みを過ごすという内容です
小学四年生の男女と、美大生の女性
この三人が中心になって、物語が進んでいきます

海辺の綺麗な町に、広がる不審火
若干違和感のある日常

三人は、悔いの残らない日々を送れるの?
という事なのですが

最後は、とても綺麗にまとまっており
最後の手紙のシーンなどは、少し「おぉ!?」と思ってしまいました
物語の場面が、頭に綺麗に入ってくるので
そこも、また魅力があり
読み易く、先がとても気になります







読んでいて、所々
違和感のようなものが、若干芽生えますが
最後に「う~ん、なるほど」と思ってしまい
いかに、なにも感がえないで読んでいたのかがわかります

また、この著者の本を読んでみようと思います
ありがとうございます

では、最後までお読みいただき
本当にありがとうございます。

書籍データ

やり残した、さよならの宿題 [ 小川 晴央 ]




発売日: 2016年09月24日
著者/編集: 小川 晴央
出版社: KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 290p





スポンサーリンク

小川晴央シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『棄種たちの冬』を読んで、後半ぐーーーーーときました! | ホーム | 『遠い国のアリス』を読んで、SFも読みたくなりました>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |