読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『駅伝激走宇宙人 その名は山中鹿介!』を読んで、これは面白い!と感じた

スポンサーリンク

どうも
二月に突入いたしました
よろしくお願いいたします。
さて、今回読んだ本なのですが、本当は①月に読み終わっております
しかし、更新が二月になってしまいまして
二月に読んだことにします


DSCN0427.jpg




駅伝激走宇宙人 その名は山中鹿介! (メディアワークス文庫)


さて、肝心のどうでもよい感想なのですが
極個人的に言えば、凄く楽しめた作品です


ストーリーは、駅伝をしながら友情を深めていく物語
主人公の出雲は、過去のトラウマから
3キロ以上走ると、急激にタイムが落ちてしまうのですが

そして、山中鹿介と名乗る男とその娘が急に、主人公のところへ訪れて、奇妙な同居生活が始まるのです

この山中鹿介と聞けば、真っ先に思い出すのは

戦国の武将の一人で、かなりの有名人物です
もちろん、この作品の舞台も島根県です

名前だけかな?と思いましたが
本人のようです。
その鹿介がなぜ?地球に来るのか?
目的は?などなど駅伝以外にも読みどころは満載です

久しぶりに読後の余韻が、個人的にあった作品でしたので
これ良かったです。

主人公のそのとぼけたところ
鹿介や娘の地球の知識が乏しいところ
幼馴染の存在

とてもうまく絡まった作品かと


PR
 





読んでいて、続きがきになる!
読んで、楽しかった
そんな一冊、ちょっと嬉しくなりますよね

次の本に入るのが、少し惜しいですが、次に入ります
では、次回の更新まで




書籍データ

駅伝激走宇宙人その名は山中鹿介! [ つるみ犬丸 ]





発売日: 2014年08月
著者/編集: つるみ犬丸
出版社: KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 372p


最後までお読みいただき、まとこにありがとうございます。


スポンサーリンク

小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『かなりや荘浪漫 廃園の鳥たち』を読んだよ!! | ホーム | 『八百八寺の風鈴屋』を読んだのです>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |