読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『君の色に耳をすまして』を読んで うん!良かったです

スポンサーリンク

どうも、またまた更新します
今回読んだのはこちら





君の色に耳をすまして(メディアワークス文庫)



こちらなのですが、はっきり言って
私の好みです!

なにが好みなのでしょうか?
ヒロインでしょうか?ストーリーでしょうか?
正直申しますと、どちらもです

主人公は、相手の「声の色」が見えてしまい
嘘や不安を隠しても、それがわかってしまう

そんな、彼に映像制作をしませんか?と声を発すことのできない、ヒロインが企画を持ち掛けてくるところからお話ははじまります

個性的な先輩に、大学生ならではの生活
ラスト50頁ほどから、スピード感が増して、次次次!と私は読み進めました

PR
 






恋愛もの?と呼んでいいのか少し迷いますが
読んでいただけたら、わかると思いますが
個人的には、ラストも好きな終わり方で、スッキリとしました
今まで、この手の本にはいっさい手を付けないできましたが
今年の11月から読書を再開しよう!と思い
今までにないジャンルを開拓したく、読んでおりますが

これは、これで
素敵です

このライト感がとても、いいので
このようなジャンルを今後も攻めていくと思います

最後までお読みいただき、まことにありがとうございます
次回の更新まで

書籍データ

君の色に耳をすまして [ 小川晴央 ]





発売日: 2015年08月25日
著者/編集: 小川晴央
出版社: KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 299p



スポンサーリンク

小川晴央シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『朧月市役所 妖怪課 号泣箱女』を読んで、おにぎり食べたくなった | ホーム | 『桜田門のさくらちゃん』を読んで、前回より面白い!と感じた>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |