読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『桜田門のさくらちゃん』を読んで、前回より面白い!と感じた

スポンサーリンク

どうも、また少しだけ読書の時間が増えてきました
一冊読み終わりましたので
更新します

今回読んだのはこちら



DSCN0350.jpg


桜田門のさくらちゃん (実業之日本社文庫)



前回の
『さくらだもん!』


の次回作になる、今回の一冊
現場にも行かず、状況写真と話を聞くだけで、解決してしまう素晴らしい頭脳の持ち主
しかし、普段は出世欲も無し、定時退社をモットーに働いている

今回も相棒は元加治だが、二人のやり取りがなかなか板についてきて
前回よりも、良い内容だったと思います

ページ数も300頁無いので、合間合間に読め
また、それも私好みでした
最初買ったときは、う~ん・・・と思いましたが
こう続きを読むと、また違った印象を受けます

ちなみに、今回は間違って続きからを最初に購入し、慌てて一作品目を注文したのを覚えております

こう、さくらちゃんとその周りの仲間が、前回よりも「親密」になった気がします
文章でそんな表現はされておりませんが
そんな感じを受け取りました

PR
 





推理内容も、少々変わっており
こちらも、安定の肩の力を抜いて読める
今の私はもってこいの一冊でした
なんだかんだ言って、連続してシリーズものを買ったのは
こちらが、初めて(日記を書くようになってからは)


続きがでるかも?と思う箇所もありましたが、終わりが終わりなので
続きがでるかな?とは思いにくいですが
出たら買いたいです


そんな、冬至の夜に読んだ一冊
ありがとうございます

書籍データ

桜田門のさくらちゃん [ 加藤実秋 ]





発売日: 2016年04月05日頃
著者/編集: 加藤実秋
出版社: 実業之日本社
サイズ: 文庫
ページ数: 260p



スポンサーリンク

小説-現代・ミステリー・サスペンス- | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『君の色に耳をすまして』を読んで うん!良かったです | ホーム | 『五条路地裏 ジャスミン荘の伝言板』を読んで、お腹が減ります>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |