読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『猫と金髪としあわせの湯』をよんで「ほっこり」してきたよ!

スポンサーリンク

どうも
更新いたします
今回はこちらの一冊です






猫と金髪としあわせの湯



難しい内容はいっさいございません
めちゃめちゃ「ライト」です
肩の力を抜きぬきで読める一冊

タイトルにもあるように、金髪の少年と「招き猫」が導いてくれた、女性を取り巻く物語です

主人公の金髪男性は、銭湯の番頭をしており
独特な接客対応やお湯のサプライズ企画などで、経営している昔ながらの銭湯です
そこに、ある理由でお風呂が使えなくなった、女性が猫に連れられて来る

そして、彼女と金髪男性だけでなく
それに関わっていく、様々な悩みや問題を抱えた人々が
温泉に入って「ほっこり」し、悩みも問題も解決!

なんとも、ゆったりとしたお話しなのでしょう

所々、「あま!」と思える箇所が何か所かありましたが
特に、金髪男性の過去へのくだり
ここをもう少し掘り下げてほしかったのが一点

そして、もう少し
もう少しでよいので、二人の関係をはっきりさせてほしかったです
ここは、とても個人的な意見なのでスルーしてください

PR
 





特読んだ後の余韻などは特になく
記事頭でも申しましたが、とても力を抜いて読める本なので
そこが一番の魅力だと思います

小難しい表現や、設定はないです
岡崎市の魅力も伝わってくるので、やはり地元への愛ってとても大切だと思います
そんな、夜明けまえに読んだ一冊

最後までお読みいただき、まことにありがとうございます
それでは、次回の更新まで
毎度、本当にありがとうございます。




書籍データ

猫と金髪としあわせの湯 [ 美月 りん ]





発売日: 2016年10月25日
著者/編集: 美月 りん
出版社: KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 290p





スポンサーリンク

小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<水族館の板前さん(文庫)を読み終えたので書きます | ホーム | ものづくりは、演歌だ。 目指すは世界一!を学ばさせていただきました。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |