読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『ババチャリの神様』を読んで!ヒットだとおもいます。

どうも
更新いたします。
今回読んだ本はこちら↓


ババチャリの神様 (双葉文庫)


最初に、極個人的な感想ですが
とても、面白かったです
早く続きが読みたい!と思えた作品でした



以下 あらすじ
父親が失業したため、住み慣れた東京から父の故郷である日本海の四葉島に移り住んだ高校生の鳥羽心一。都会への未練を捨て切れずにいる心一は、ある日、蔵で古い自転車を見つける。なんと、その自転車には死んだばあちゃんの神様が宿っていた!?一目惚れをした同級生の女の子のために、強く願って漕げば好きな場所に行けるという、不思議な力を持つ“ババチャリ”で奮闘する心一。海に囲まれた離島で、都会っ子高校生が奇跡を起こす!?


と、ございますが
お話しはとにかく、リズムよく
とてもコミカルに描かれており、心楽しく読むことができました

所々に「作者の願望」と思わしき箇所が書かれておりますが
それも、個人的に良かったです
是非とも、そうなっていただきたいです!

クライマックスもスピード感があり、もう少し引っ張っても良かった気がしますが
あれで、良いのかな?飽きずに読めたので

そして、個性的なキャラクターに「善い人」過ぎる親友
更に想い人の存在が、とても引き立っており
情景が脳裏にはっきりと浮かんできます


PR





読み終わて、「あぁ!うん面白かった!」と思えた作品
「夏が終わってしまうぞ!」という場面がありましたが
夏が終わっても読めてしまいそうです

今月は、かなりアタリが多い感じがします
とても、充実した読書になりました
ありがとうございます



書籍データ

ババチャリの神様 [ 皆藤黒助 ]





発売日: 2017年08月07日
著者/編集: 皆藤黒助
出版社: 双葉社
発行形態: 文庫


最後までお読みいただき、まことにありがとうございます
それでは、次回の更新まで

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |

『探偵ファミリーズ』を読んで、最後の最後がキニナル!

どうも、更新いたします
今回読んだ本はこちら↓



探偵ファミリーズ (実業之日本社文庫)


はっきり言って、とても「有り」なお話しでした
楽しく読めたのですが、最後の最後
「は!?」となっております・・・

それは読んでからのお楽しみに

以下あらすじ

格安家賃のシェアハウスに住むことになった元・美少女子役の五月女リオは見返りとして大家の営む「レンタル家族業」を手伝うことに!リオが演じるのは、人気漫画家の妹役からワケあり老人の息子役まで様々。一筋縄ではいかない依頼と次第に増える「家族」たちが、思いもよらない事件を呼び込む!?結末までイッキ読み、笑いと衝撃の本格ミステリ。


とのことですが、本当に思いもよりません
なんじゃそりゃ!?とツッコミを入れたくなるような
展開ばかりですが、それがとてもコミカルで肩に力を入れずに読めます

個人的には、ストーカー?の香が良い味出しております
あまり登場しませんが

読んでいて、不快にならない展開と内容がとても心地よく
推理の無理やり感は否めませんが、それもこの世界観にマッチしているのかな?
最終的には「我慢」ってどんなトリックですか・・・

あまりネタバレは控えておりますので、ここら辺でストップしますが

それと、大きなテーマは「家族」
どのようにして、絆を紡ぎ
回復していくのか、その点も読みどころ?かと思います。


PR






過去のトラウマから、いかにして解放され
他人が、どのように絆を深めていくのか
そんな物語、ありがとうございます



書籍データ

探偵ファミリーズ [ 天祢涼 ]




発売日: 2017年08月03日頃
著者/編集: 天祢涼
出版社: 実業之日本社
発行形態: 文庫
ページ数: 368p

最後までお読みいただき、まことにありがとうございます。
では、次回の更新まで

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

小説-現代・ミステリー・サスペンス- | コメント:0 | トラックバック:0 |

『月世界紳士録』を読み終わり、意外と面白かったです

どうも
更新します。
今回読んだ本はこちら↓


月世界紳士録 (集英社オレンジ文庫)



タイトルに惹かれて購入を決めましたが

あらすじはこちら↓
宇宙技術振興推進株式会社ー通称STeP。待宵澄雄の異動先は「竹取班」と呼ばれ、月にまつわる民話や伝承などを扱う部署だ。同僚は桂靖久という青年ひとり。その日、竹取班を訪れた宗像という男は、ある蒐集家から寄贈され保管中の古い洋燈『朧月夜』を譲ってくれと言った。『朧月夜』には、嘘をつくと火が消える、という謂われがあり?恋が醒める特殊素材ストール、月の女神が集う植物園など、月に憑かれた者たちの幻想譚。


はっきり言って
「月」そのものはあまり絡んできません
「月絡み」と濁したほうがよいでしょうか?しかし、真面目な澄雄が現場で見聞きしたことを性格に、桂に伝え
そのヒントをもとに、桂が解決していく
そんな図式になっており、二人のやり取りがとても軽快で心地よいです

月を基盤にしているので、難しい単語などもでてくるのかな?と思いましたが
そうでもないです。読み易く仕上がっており
テンポよく読み進めれます

一瞬「ミステリ―」系に分類しようかと思いましたが
個人的に少し違うような気がして、こちらにいたしました

この作品で、以前購入していたのが終わりましたので
次回からは、新しい本です(意味不明)

特に、ラストの頁が私的にとても好みでして
うまい構成だなと思いました



PR





読み終わったら、とても晴れやかな気持ちになり
いまある環境をほんの少し見つめる機会をいただきました
とても、よかったです。ありがとうございます。



書籍データ

月世界紳士録[ 三木 笙子 ]




発売日: 2017年06月22日
著者/編集: 三木 笙子, 田倉 トヲル
出版社: 集英社
発行形態: 文庫
ページ数: 288p

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |

『和雑貨うなゐ友戯帳』を読んで、とても良かったです!

どうも、復活します
以前の本のショックから立ち直るのに、一か月以上かかりました
そして今回よんだ 本はこちらです


和雑貨うなゐ堂の友戯帳 (富士見L文庫)


物事を大げさにしてしまう、「体質」のヒロインと
無気力系陰陽師&料理が得意な式神のお話しですが

お話のテンポがとてもよく、サクサクと読めました
また、脳内ピンク乙女や狸のやくざの方々など
個性的なキャラクターがそろっており
読んでいて、疲れず面白いと個人的には思います

以下あらすじ↓

飛騨高山の片隅で、今日も閑古鳥が鳴く和雑貨屋『うなゐ堂』。なぜか不幸を引き寄せてしまう少女・愛乃は、そのせいで全国の親戚中をたらい回しにされた挙句『うなゐ堂』へと引き取られた。店を営むのはぐーたら陰陽師のまつりと、家事手伝いの式神うなゐ。そして訪れる客はお騒がせなあやかしだらけ!どうも店で扱うレトロ玩具には、不思議な力があるらしい。愛乃はダメ大人な二人を従え、あやかし事件を“おもちゃ”で解決することになり…!?ちぐはぐな新米家族三人組の、ほっこりあやかしホームコメディ!


とのことです
読み手に対して、とても分かりやすい構成だったので
その点もとても好印象な作品


PR




難しいことは、ございません
肩の力を抜いて、読める一冊であり
ヒロインが「家族」になっていくサクセスもあるので
ほっこりとした終わりの余韻が楽しめます
そんな作品


書籍データ

和雑貨うなゐ堂の友戯帳 [ 真鍋 卓 ]





発売日: 2017年06月15日
著者/編集: 真鍋 卓, Minoru
出版社: KADOKAWA
発行形態: 文庫
ページ数: 320p

最後までお読みいただき、まことにありがとうございます
復活しましたので
今後も続けていきます!
まずは、以前から買っていた本からよんで いきます。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |