読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『先生とわたしのお弁当 二人の秘密と放課後レシピ』を読み終わりました

どうも、更新します
今回読んだ本はこちら⇓




先生とわたしのお弁当 二人の秘密と放課後レシピ (富士見L文庫)


不慮の事故で父親がお弁当を作れなくなってしまった主人公のお話(父親は生きております)
父親は、料理研究家として活躍するほどの、料理の達人
しかし、ヒロインの女性はまるっきり料理ができません

そこで、父親は自分の料理教室の生徒でもあり、信頼できる人に「娘のお弁当を作ってくれないか?」

と相談してみると、構いませんとの返事が
その相手は、なんと彼女が通う学校の先生だったのです!

大雑把に申しますと、こんな内容でございます

お弁当を通じて、周りの人の悩みや出来事を解決していく場面もあれば
ほとんどが、料理の感想で終わってしまうページもあります

そして、なによりもこちらのヒロインは、とても美味しそうに料理を食べてくれます
その文章を読むだけで、心が少し軽くなります。

写真なぜか横になっておりますね?
FC2ブログの画像圧縮機能を使ったらこうなりました・・・
いずれなおしておきます。

ちなみに、ヒロインの女子高生には母親は既におりません
こちらも、物語の最期に段々と触れていきます
本の最期には、登場した料理のレシピも掲載されており、それが「お?何か嬉しいな」
と思えました。

実際はつくってはおりませんが、おいしそうなレシピです

300ページもない作品ですので、お手軽に読めます
そして、それほど「重い」内容もございませんので、気楽に読まます




PR






そんな、お弁当の情景がありありと描写された作品
ありがとうございます。
では、次回の更新まで



申し訳ございません
再度、御礼を申し上げたいです

こちらのブログ・・・

なんと、月のユニークユーザー様が月間100人を突破いたしました!
本当にありがとうございます!
コツコツと続けてきた成果の一つと、ご覧くださる方がのおかげでございます

それでは、これからもよろしくお願いいたします。


書籍データ

先生とわたしのお弁当 二人の秘密と放課後レシピ [ 田代 裕彦 ]





発売日: 2017年03月15日
著者/編集: 田代 裕彦, オオタガキ フミ
出版社: KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 288p

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |