読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『週末陰陽師』を読んで、ニヤニヤしました

どうも、更新します

今回読んだ本はこちら⇓





週末陰陽師(スカイハイ文庫)



タイトル通りの内容ですが
平日は、保険の営業
休日は、陰陽師として活躍します

保険の営業は、まだまだ発展途上ですが
陰陽師の力にかんしては、他の追随を許さないほどの力をもっている主人公

そんな主人公が、なんと営業した家にとても美しい女性がおり
保険のお話しを通じて、様々な陰陽師の案件もこなしていきます

タイトルにもありますが、ニヤニヤしてきます
先輩の美人と新たに出会った桜子さん

この三人のやり取りを中心としており、陰陽師よりも
保険の話しがとてもリアルです。
更に、分かりやすく保険の説明もでてきてり、「ほぉ」と思うところが何か所もありました。

読み終わったあとも、ウキウキした気持ちで終われたので
個人的には、とても好きな作品でございます

ページ数も300頁ちょっとなので、合間合間に読んでもすぐに読み終わりました

陰陽師の力に関しては、とても強すぎるので
悪霊などがでてきも、まったく問題になりません
安心して続きが読めるのも、よかったです


PR






保険のお話しに、陰陽師
さらには、純粋な心の淡い気持ちなどが絡み合った
物語

出会えて良かったです

では、今回はここまで
次回の更新まで

また、ブックマークやご閲覧まことにありがとうございます
長く続けれるよう、頑張ります。



書籍データ

週末陰陽師 [ 遠藤遼 ]




発売日: 2017年04月06日頃
著者/編集: 遠藤遼, 伏見おもち
出版社: 三交社(台東区)
サイズ: 文庫
小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |