読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『もしもパワハラ上司がドラゴンにさらわれたら』を読みましたよ!

こんにちは
更新いたします

今回読んだ本はこちら


DSCN0436.jpg



もしもパワハラ上司がドラゴンにさらわれたら (幻冬舎文庫)




前もこちらの著者の作品を読ませていただきましたが
このページ数と、男の友情?という点が得意なのでしょうか?

この本の前に読んだ『棄種たちの冬

に比べると、内容がとてもライトになりました
なので、スラスラ読めて
肩の力を抜くのにはもってこいの作品かと

作品の内容としては、現代の日本が舞台です
そこに、突如として現れたドラゴン
他にも、スライムやワイバーンなど
様々なモンスターが現れます。
それらを討伐する組織があり、その組織の一員のイケメン剣士と、疲れた新社会人の物語
なぜ、モンスターが現れるのか?

この二人は、なぜ行動を共にするのか?

難しい文章の言い回しなどもなく、更にそこまで多くない登場人物
会話中心の描写など、読み手に疲れを与えないので
寝不足気味ではあるが、ちょっと読みたい!と思ったときに最適だと思います。

PR




ラストは私はとても清々しい気持ちになりました
主人公の考え方などには、思うところが十人十色だと思いますので、そこはあまり言いません

幻冬舎文庫のキャラノベシリーズは、近年力を入れてきているので
読んでみても、私は損はしないと思います。
そして、このページ数なので
読む前から、気楽いけます

そんな、作品かと


書籍データ

もしもパワハラ上司がドラゴンにさらわれたら [ 蒼月海里 ]




発売日: 2017年01月24日頃
著者/編集: 蒼月海里
出版社: 幻冬舎
サイズ: 文庫
ページ数: 216p


最後まで、お読みいただきありがとうございます。
次回の更新まで!


小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |