読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『風見夜子の死体見聞』を読んで、面白いと思う!

どうも
いつも、ご覧いただきまことにありがとうございます
さて、今回読んだ本はこちら
話題沸騰の!





風見夜子の死体見聞(富士見L文庫)



最初に言います

とても、面白いと私は感じました!
ヒロインの風見夜子と主人公の会話は、肩の力を抜くのにもってこいのやり取り
さらに、未来の死体が見える夜子は、高校生になり
その死体になる運命にある人々を凪野(主人公)の力を借りて、救っていくといった内容ですが
物語を読んでいて
う~ん・・・ここはなんだ?どうして?と思う箇所も少なく
ストレスもないのも素敵だと思います

今後を感じさせる展開と、終わりを感じさせる空気があり
もし、次作があるならば買いたいところです

そもそも、なぜ凪野君は夜子の手助けをするのでしょうか?
そこから始まります

個性的なキャラクターと保身を第一に考える主人公
でも・・・その保身も徐々に「別の方向」へ考えが「改まって」いきます
保身の考えは変えないままに

綺麗な終わりだと思いますが、文中に
続くぞ!と思わせる内容が含まれており
ちょっと、調べてしまいました

PR
 







簡単なご紹介ですが、次の展開が気になる作品ではあり
また、読んでいて疲れないのも良いです
そんな、ちょっと特殊なヒロインと夜を一緒に過ごしてもよいのではないでしょうか?
そんな感じになっておりますので、なにかのご参考になれば幸いです
では、次回の更新まで
最後までお読みいただき、まことにありがとうございます


書籍データ


風見夜子の死体見聞 [ 半田畔 ]





発売日: 2016年06月10日頃
著者/編集: 半田畔
出版社: KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 254p

小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |