読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

水族館の板前さん(文庫)を読み終えたので書きます

どうも、更新します
諸事情で、少し感覚が開くかもしれませんが
長くお付き合いをお願いいたします

さて、今回読んだ本なのですが




こちら

DSCN0310urogu.jpg

水族館の板前さん(メディアワークス文庫)



選んだきっかけは、タイトルです
ちょっと今、変わった本を読んでいまして
そちらとは、逆に「ライト」な内容を
ちなみに、前回もメディアワークス文庫様からでしたが、選んだ棚がそこでしたので
続けての読書です


感想としては、私的主観ではとても素敵だと思いました
板前さんが、いかにして「喜んでもらうのか」
「夢」や「願い」のことなど、読み易く
キャラクター同士のやり取りが、とても好印象です

また、主人公の板前さんが乗っている車が「デミオ」なんて書いたいましたが
そこが妙にリアルで、文章の景色が鮮明に脳裏に描かれます



PR
 






暖かいお話しで、特に深刻な部分もなく(少しはあります)
ページ数も、300頁ちょいなので
飽きずに読めるのも、魅力的

帰ったら読みたいな♪
と思えた一冊

読後の余韻はとてもかるく
うん、良かった良かった

そういいながら本を閉じました

個人的に好きな分類でいたので、闇雲に手にとったわりに
ラッキーだと思いました
次も、やや「ライト」な本をご紹介いたします
また、少し変わった本も読み終えましたら、更新いたしますので

今後も引き続き、よろしくお願いいたします

本当にありがとうございます

書籍データ

水族館の板前さん [ 末羽 瑛 ]





発売日: 2016年10月25日
著者/編集: 末羽 瑛
出版社: KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 338p



小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |