読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『朧月市役所 妖怪課 号泣箱女』を読んで、おにぎり食べたくなった

どうも、いつもご覧いただき
まことにありがとうございます。

では、本年ラストの更新を行います

三日坊主で終わるかな?と思いましたが
なんとか続いており
これも、ブログをご覧になってくださる方々のおかげでございます

DSCN0361[1]_convert_20161231150958

<朧月市役所 妖怪課 号泣箱女 (角川文庫)



今回読んだのは、以前読んだこちら

『朧月市役所 妖怪課』
の続きです

内容は、前回の話しから、いきなり人数が増えます
他の支部の方々とのやり取りや、裏切り、スパイ
疑惑、騒動、失念、追求

などなど、少し不穏な空気を常に纏いながらストーリーは進行してきます

そして、一作品目との違いは、少し恋愛要素も「やや」強めに表現されるようになり
それも、今後が楽しみです

主人公が妖怪になれたことにより、話のテンポはとてもスムーズに感じ、内容も頁数はあまりかわりませんが
面白く感じました

PR
 





続きを読むというのは、それこそすぐに!と思うのですが
一旦間をおいて、本当に読みたいのか?と考えて
それから買うことにしております

以前のように、まさかの二作品目から購入した場合は別ですが・・・

しかし、今回はとても良い感じに終わっており
続きがどうなっていくのか、とても興味があります
なので、近々また購入するとおもいますので、その時にまた更新いたします

最後まで、お読みいただきまことにありがとうございます
読書の備忘録のために、始めたブログで、内容も薄く拙い文章ではありますが
来年も、よろしくお願いいたします

それでは、よいお年を

書籍データ

朧月市役所妖怪課(号泣箱女) [ 青柳碧人 ]




発売日: 2014年07月
著者/編集: 青柳碧人
出版社: KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 263p



青柳 碧人-妖怪課シリーズ- | コメント:0 | トラックバック:0 |

『君の色に耳をすまして』を読んで うん!良かったです

どうも、またまた更新します
今回読んだのはこちら





君の色に耳をすまして(メディアワークス文庫)



こちらなのですが、はっきり言って
私の好みです!

なにが好みなのでしょうか?
ヒロインでしょうか?ストーリーでしょうか?
正直申しますと、どちらもです

主人公は、相手の「声の色」が見えてしまい
嘘や不安を隠しても、それがわかってしまう

そんな、彼に映像制作をしませんか?と声を発すことのできない、ヒロインが企画を持ち掛けてくるところからお話ははじまります

個性的な先輩に、大学生ならではの生活
ラスト50頁ほどから、スピード感が増して、次次次!と私は読み進めました

PR
 






恋愛もの?と呼んでいいのか少し迷いますが
読んでいただけたら、わかると思いますが
個人的には、ラストも好きな終わり方で、スッキリとしました
今まで、この手の本にはいっさい手を付けないできましたが
今年の11月から読書を再開しよう!と思い
今までにないジャンルを開拓したく、読んでおりますが

これは、これで
素敵です

このライト感がとても、いいので
このようなジャンルを今後も攻めていくと思います

最後までお読みいただき、まことにありがとうございます
次回の更新まで

書籍データ

君の色に耳をすまして [ 小川晴央 ]





発売日: 2015年08月25日
著者/編集: 小川晴央
出版社: KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 299p



小川晴央シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『桜田門のさくらちゃん』を読んで、前回より面白い!と感じた

どうも、また少しだけ読書の時間が増えてきました
一冊読み終わりましたので
更新します

今回読んだのはこちら



DSCN0350.jpg


桜田門のさくらちゃん (実業之日本社文庫)



前回の
『さくらだもん!』


の次回作になる、今回の一冊
現場にも行かず、状況写真と話を聞くだけで、解決してしまう素晴らしい頭脳の持ち主
しかし、普段は出世欲も無し、定時退社をモットーに働いている

今回も相棒は元加治だが、二人のやり取りがなかなか板についてきて
前回よりも、良い内容だったと思います

ページ数も300頁無いので、合間合間に読め
また、それも私好みでした
最初買ったときは、う~ん・・・と思いましたが
こう続きを読むと、また違った印象を受けます

ちなみに、今回は間違って続きからを最初に購入し、慌てて一作品目を注文したのを覚えております

こう、さくらちゃんとその周りの仲間が、前回よりも「親密」になった気がします
文章でそんな表現はされておりませんが
そんな感じを受け取りました

PR
 





推理内容も、少々変わっており
こちらも、安定の肩の力を抜いて読める
今の私はもってこいの一冊でした
なんだかんだ言って、連続してシリーズものを買ったのは
こちらが、初めて(日記を書くようになってからは)


続きがでるかも?と思う箇所もありましたが、終わりが終わりなので
続きがでるかな?とは思いにくいですが
出たら買いたいです


そんな、冬至の夜に読んだ一冊
ありがとうございます

書籍データ

桜田門のさくらちゃん [ 加藤実秋 ]





発売日: 2016年04月05日頃
著者/編集: 加藤実秋
出版社: 実業之日本社
サイズ: 文庫
ページ数: 260p



小説-現代・ミステリー・サスペンス- | コメント:0 | トラックバック:0 |

『五条路地裏 ジャスミン荘の伝言板』を読んで、お腹が減ります

どうも、いつもご覧いただき
まことにありがとうございます

また、更新させていただきます
今回読んだ本はこちら


DSCN0349変更後


五条路地裏ジャスミン荘の伝言板 (幻冬舎文庫)

謎解きがメインかと思われましたが
違うような気がしまして、推理ものには入れておりません

こちらの本を紹介するならば
とても魅力的な主人公と周りの人々
そして、「美味しそうな 京都の料理」

これだと思います

逐一、料理の場面が多く 種類も多岐にわたります
和菓子・鱧・うどん・・・等々

とても魅力的な主人公と、脳裏に浮かび上がる美味しそうな料理
そのついでに、事件があるのでは?と思ってしまうほど

「名」?刑事とイケメン部門なヒガシの二人の関係も面白く
また、居酒屋でのシーンも多くとても居心地が良いです
流暢な京都の言葉がとても、目に心地よく

空間をとてもうまく表現できているような気がします



PR
 






単純な魅力的な主人公が、謎解きを行う物語ではなく
京都のオイシイ魅力と、人柄、空間がほどよく溶け込み
読み手を楽しませてくれます

読んでいて辛くなる場面もなく、主人公がピンチになることもございません
終わりもサッパリしており、私は好きな終わり方だと思います

そんな、お腹が減りそうになる本
皆様のご参考になれれば、幸いです
では、次回の更新まで

この記事を書く前に、書籍を購入しました
届くのが楽しみです

今夜読む本も、もちろんあります



書籍データ

五条路地裏ジャスミン荘の伝言板 [ 柏井壽 ]





発売日: 2016年08月05日
著者/編集: 柏井壽
出版社: 幻冬舎
サイズ: 文庫
ページ数: 325p







小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |

『歩のおそはや』を読んでみて、良い時間を過ごしました(^^)/

どうも
また更新いたします

改めて、いつもご覧いただき
ありがとございます

なにからなにまで、皆様のお力で支えられております


さて、今回読んだ本なのですが
こちら




歩のおそはや (集英社オレンジ文庫)


簡単説明しますと

ガール・ミーツ・ガール小説

簡単すぎました

元陸上部の、爽やか人気者の先輩は、とある理由から将棋同好会を設立し
一人で活動しておりましたが、そこに元将棋の天才少女として活躍していた
藤堂 歩が入学してきます

先輩は、もう将棋はやらない!と言っている彼女を説得して
なんとか、二人で活動していく物語

とても爽やかです

男性キャラはあまり登場しません
「二人」の視点からの生活を描いています

ところどころ、読みにくい箇所がありましたが
私の読解力の問題かと思います


PR
 






専門用語が多いかな?と思いましたが
読み始めると、それほど多くないので
その点は、将棋初心者の私としては、とても助かりました

将棋を軸に、二人の少女の青春の軌跡というのが一番しっくりくると思います

青春ものを読んだのが、とても久しぶりですが
今後も読んでいこうと、思います
そんな、歩のおそはや

ちょっと自分の心が曲がっていると思う箇所も
ふがいないです

では、次回の更新まで

最後までお付き合いいただき、まことにありがとうございます。
書籍データ

歩のおそはや [ 杉元晶子 ]




発売日: 2015年07月17日頃
著者/編集: 杉元晶子
出版社: 集英社
サイズ: 文庫
ページ数: 253p


小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |

さくらだもん! (文庫)を読んで、なんて読み易いんだ!と驚愕

どうも諸事情により、更新できませんでしたが
更新いたします
今回読んだのはこちら


DSCF3848_convert_20161205110916.jpg

さくらだもん! 警視庁窓際捜査班 (実業之日本社文庫)


感想は、そうですね
一応サスペンス、推理ものとカテゴリーを分けましたが
そうでもないと思います

ページ数もとても少なく
更に、一章ごとに話は終わるので、とても切り返しが楽で読み易いです

普段は、出世欲もない
定時退社をモットーに頑張る?窓際部署のさくらさん
そんな彼女に、とある切っ掛けで事件の資料が送られ
まさかの現場にでることなく、解決してしまう
「ひらめき」の持ち主

簡単に説明しますと、こんな感じです

PR
 





しかし、230頁ほどしかないので、一章の解決スピードは半端ないです
そこまで、こったトリックもないのですが、すべての解決がスピーディーなので
読んでいて飽きないと思います

難しいことは、一切ないので
隙間時間にサクサクと読める一品

ところが、なにを思ったか、私
さくらだもん!の第二冊目を購入し
?と脳内

調べると、一作品目があるでは・・・
なので、二作品目も近々読んでみたいと思います

少々更新頻度が下がりますが
何卒、よろしくお願いいたします




書籍データ

さくらだもん! [ 加藤実秋 ]





発売日: 2015年10月02日頃
著者/編集: 加藤実秋
出版社: 実業之日本社
サイズ: 文庫
ページ数: 234p



小説-現代・ミステリー・サスペンス- | コメント:0 | トラックバック:0 |

朧月市役所妖怪課 河童コロッケ (文庫)を読んで、紫色のミカンって想像できた!

どうも
いつも、拍手やブックマークなど本当にありがとうございます
さて、今回更新しますはこちら

DSCN0313画像解析変更後



朧月市役所妖怪課 河童コロッケ(角川文庫)



まあ
なんとも、面白そうなタイトルで、書店で購入いたしました
読んでの感想なのですが、まず第一に主人公が「公務員」であること
朧月市と呼ばれる架空の都市では、日常に「妖怪」が人間と一緒に暮らしており
そのトラブルを解決するための部署が、市役所の妖怪課なのです

主人公は、市民に対して熱心に接したい
親の背中を見て、公務員になろうと決意した「熱血」な設定ですが

皆様もお考えのとおり、妖怪課の皆々様は「妖怪」の特徴をなにかもっている人が多く活動しています
そんな中、なぜか?なんの能力もない主人公がこのような特殊な課に配属なって、妖怪と人間間のトラブルを解決していきます

その解決方法も、能力や異能などではなく
ちょっと変わっており、なぜか妖怪から「助言」がもらえるのです
それをヒントに、解決していくのですが
これまた、とても読み易い
ページ数も300頁をきっており、スラスラ読める内容です

これぐらいの内容が個人的に好きです
もちろん、たまにどっしりと読みたくなる時もありますが
生活リズム的にそれは、もう少し先になりそうです


PR





この日記のタイトルにあります
紫色のミカンとは、内容を読んでいただけると直ぐにわかりますが

こちら、とても私は食べる気になりません苦笑

ただ、少し聞きなれない妖怪が多数出てきますので
そこが想像しづらいのが難点です
妖怪の説明も出てきますので、あとはご自身のご想像ということなのでしょうか?

文中にも多くでてきますが、物語の進め方が公務員目線ですので
歯痒いところが、何か所もあります
あえて、そこも読みどころでは?と私は思っております

瞬時に動ける主人公とは違い、またこれが良い感じに脳みそに刺激がきます

合間に読めるので、シリーズ化されておりますので
今後も買っていこうと思います
最後までお読みいただき、ありがとうございます

以下 『妖怪課シリーズ』の感想ページ一覧でございます
よろしければ、こちらもご覧ください

『妖怪課シリーズ』

書籍データ


朧月市役所妖怪課 [ 青柳碧人 ]




発売日: 2014年03月25日頃
著者/編集: 青柳碧人
出版社: KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 273p


青柳 碧人-妖怪課シリーズ- | コメント:0 | トラックバック:0 |

水族館の板前さん(文庫)を読み終えたので書きます

どうも、更新します
諸事情で、少し感覚が開くかもしれませんが
長くお付き合いをお願いいたします

さて、今回読んだ本なのですが




こちら

DSCN0310urogu.jpg

水族館の板前さん(メディアワークス文庫)



選んだきっかけは、タイトルです
ちょっと今、変わった本を読んでいまして
そちらとは、逆に「ライト」な内容を
ちなみに、前回もメディアワークス文庫様からでしたが、選んだ棚がそこでしたので
続けての読書です


感想としては、私的主観ではとても素敵だと思いました
板前さんが、いかにして「喜んでもらうのか」
「夢」や「願い」のことなど、読み易く
キャラクター同士のやり取りが、とても好印象です

また、主人公の板前さんが乗っている車が「デミオ」なんて書いたいましたが
そこが妙にリアルで、文章の景色が鮮明に脳裏に描かれます



PR
 






暖かいお話しで、特に深刻な部分もなく(少しはあります)
ページ数も、300頁ちょいなので
飽きずに読めるのも、魅力的

帰ったら読みたいな♪
と思えた一冊

読後の余韻はとてもかるく
うん、良かった良かった

そういいながら本を閉じました

個人的に好きな分類でいたので、闇雲に手にとったわりに
ラッキーだと思いました
次も、やや「ライト」な本をご紹介いたします
また、少し変わった本も読み終えましたら、更新いたしますので

今後も引き続き、よろしくお願いいたします

本当にありがとうございます

書籍データ

水族館の板前さん [ 末羽 瑛 ]





発売日: 2016年10月25日
著者/編集: 末羽 瑛
出版社: KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 338p



小説-現代- | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |