読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『ベルサイユのばら』で読み解くフランス革命、を読んでこの視点なら歴史嫌いでもわかるかも!

どうも、更新いたします
今回読んだ本はこちら


DSC_0729.jpg
『ベルサイユのばら』で読み解くフランス革命 (ベスト新書)


購入のきっかけは、物凄く「タイトル」です
こんな視点で読んだら、どう見えるのかな?と思い購入しました

いか主な内容です

少女漫画の金字塔『ベルサイユのばら』。男装の麗人オスカルやフランス王妃マリー・アントワネットなど、フランス革命期という激動の時代を生きた人々の一生を壮大なスケールで描いた同作は、通称「ベルばら」として長らく多くのファンに愛されている。ベルばらは、もちろん歴史の教科書などではなく、史実をもとにしたフィクション作品である。しかし、その時代を生きた人間の実像がありありと描かれている同作は、教科書からは読み取れない歴史の重要な一面を、私たちに見せてくれる。本書では、そんなベルばらを通してこそ見ることのできるフランス革命史を、丁寧にひも解いていく。

と、ございますが
かなーーーり漫画の挿絵が多めです。

そのためか、ページ数もそれほど多くないこともあり
かなりスルッと読めます
かなりです。
なので、入門書としてはとても良いと思います
漫画に沿って、読み解く?のですがそれほどガッツリ深い部分まではいきませんが
読み易いく、抵抗が少ないのが魅力的です。


PR




逆に、もう少し「欲しい」人には、物足りない感が否めませんが
これから、という方には良いのではないでしょうか?
難しい表現もなく、肩の力を抜いて読める歴史書的な位置づけだと思います。

最後までお読みいただき、まことにありがとうございます
では、次回の更新まで





書籍データ

『ベルサイユのばら』で読み解くフランス革命 [ 池田理代子 ]




発売日: 2016年07月08日頃
著者/編集: 池田理代子
出版社: ベストセラーズ
発行形態: 新書
ページ数: 181p

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

新書 | コメント:0 |

『地域再生の戦略』を読んで、ほうこれは今まで抜けていた視点だ!と思いました

どうも、今月は少し毛色が違う本を読んでおります。
よろしくお願いいたします

では、今回読んだ本はこちら↓


DSC_0728.jpg

地域再生の戦略 「交通まちづくり」というアプローチ (ちくま新書)


タイトルに惹かれて購入
そして!読んでみると

っとその前に、簡単なあらすじです

これまで地域を再生するために様々な施策が取り組まれてきた。しかし、現実には衰退は変わらず続いている。地方では自動車利用を優先した都市計画により、中心市街地の空洞化、路線バスの廃止が進み、衰退は加速した。この悪循環を止め、地方を復活させる鍵は、鉄道・バスといった「公共交通」の見直しである。そこからコンパクトな街が再生される。日本でも注目を集める「交通まちづくり」というアプローチを紹介し、本当の地方創生の方法を提案する。

著者データ
宇都宮浄人(ウツノミヤキヨヒト)
1960年兵庫県生まれ。京都大学経済学部卒業。1984年に日本銀行に入行し、日本銀行調査統計局物価統計課長、同金融研究所歴史研究課長等を歴任。2011年に関西大学経済学部教授に就任。著書に『鉄道復権』(新潮選書、第38回交通図書賞受賞)、『路面電車ルネッサンス』(新潮新書、第29回交通図書受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


そうなんです。今まで読んだ「地域再生」の本は、様々な取り組みについてでしたが、今回はとくに「交通」という点において、書かれた本です。
これは、確かに「そう思う」といった点があり
私自身が、車社会真っ只中で生活しております。
とにかく、何かするにしても車です。車が無ければとにかく不便な地域です
そんな、状況だから読めたのも大きいかもしれません

高齢化する地域社会に対し、車主体の郊外型都市計画についてなど
考えさせられる場面が多いです。
しかも、私の地元もですが、公共の交通機関というのはほとんど使われなくなってきております。




PR





今一度、「交通」という視点から、地域を見直し
それをどのようにして活かしていくのか?
難しいところは、特になく
今後の、自分の住んでいる地域にどのようにしたら貢献できるのかな?
考えるきっかけを再度与えてくれました
ありがとうございます。




書籍データ

地域再生の戦略 「交通まちづくり」というアプローチ [ 宇都宮浄人 ]





発売日: 2015年06月08日頃
著者/編集: 宇都宮浄人
出版社: 筑摩書房
発行形態: 新書
ページ数: 206p

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

新書 | コメント:0 |

グーグル  Google 既存のビジネスを破壊する (新書)

どうも
またまた更新します
今回の本はこちら


IMG_20161102_211106_(1)_convert_20161104125512.jpg

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する


で、ございますが
2006年の書籍です、なぜいまこれを読んだのか?と言いますと
本棚をゴソゴソ整頓していたら、出てきました
未だ手つかずの状態で涙

なので、読んでみましょう!
ということで、読んでみてなのですが、この本が書かれた「当時」は、確かにグーグルという存在は、「今」ほど浸透していなかったと思います

著者の経験や考えから、「未来」の予想も書かれておりましたが
おおまか、そのようになっております
今読んでみると、グーグルという企業の復習ができる一冊だと思います

しかし、私は文中にある
B&B駐車場のお話しや、三和メッキのお話しがとても興味深かったです
この二つの企業が飛躍するきっかけをつくたったのは、ネット広告だったのかもしれませんが
それを実行し、またお客への対応や、影での努力といった部分があったからこその結果だと思います

PR
 



>





そんな、一冊になっており
今読んでも、とてもよい勉強ができました
ありがとうございます

新書との、出会いは大学時代でしたが
ゼミの先生に薦められたのが、きっかけ
持ち運びしやすい大きさと、文字の量と頁数がとてもシックリきまして
とても、私は好きです新書

それでは、少しでも皆様のご参考になれれば
幸いです
最後までお読みいただき、まことにありがとうございます。



書籍データ

グーグル 既存のビジネスを破壊する (文春新書) 佐々木俊尚




新書: 248ページ
出版社: 文藝春秋 (2006/04)



新書 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |