読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

獺祭 『逆境経営』を読んでみました

どうも
最近、ライトな本を中心にご紹介してきましたが
今回はこちらをご紹介したいと思います

はい、今では誰もが知るお酒

『獺祭』

こちらを、日本をはじめ世界へ送り出している人の考え方や人生をまとめた一冊


       


               逆境経営―――山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法


正直に言います

物凄く面白いです
獺祭ができるまでの過程もそうですが、今後の展開やピンチになったときに
今一度、足元をみることなど
経営だけでなく、自分の人生の手本にもなる一冊だと思います

難しい表現もなく、人柄が現れているのも素敵かと
獺祭を飲むチャンスは本当に前触れもなく訪れてきましたが
迷わず注文しました

今までの酒造の常識に囚われてはいけない!
そう思って行動していきます

最初はつまずくだけでしたが

一つ、また一つと

なんてステキなのでしょうか?
出会えたことに感謝できる一冊

PR
 






難しいと思ってしまいますが、そうでもないです
自分にすんなりと入り込んでくる物語であり、人であります

是非とも、これからも頑張っていただきたい!
そんな作品、ありがとうございます

では、次回の更新まで
最後までお読みいただき、まことにありがとうございます




書籍データ

逆境経営 [ 桜井博志 ]




発売日: 2014年01月
著者/編集: 桜井博志
出版社: ダイヤモンド社
サイズ: 単行本
ページ数: 208p


経営・経済関係・自己啓発 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ものづくりは、演歌だ。 目指すは世界一!を学ばさせていただきました。

どうも
いつも、ご閲覧いただき
ありがとうございます

今回の更新は、こちらです





ものづくりは、演歌だ。


キャニコムと呼ばれる企業が、いかにして世界へ「ものづくり」で勝負していくのか
その精神と手法が書かれております

大ヒット商品として

草刈機シリーズなどありますが
その名前をご存知ですか?
MASAOと名付けているどうです

もう何も言いません笑

さて、そんなユニークな名前と誰もが「よい!!!」という性能をもって、ドンドン売れているそうです
その原点に「演歌」があって、商品のヒントはお客様の「ぼやき」にある
営業は、テレビカメラを持参しお客様と話している

また、外国人雇用も進めており
海外進出も活発に行っているグローバル企業です

フラットな文章に、とても内容の濃いお話しで
飽きずに読めます
おすすめの一冊です

PR
 






ただ、逐一
ものづくりは演歌のフレーズが多すぎて、少し「またか!」と思ってしまうところもありましたが
その考え方に学ぶところは多くあり、また自身の身になったと思います

では
この辺で、少しでも皆様のご参考になれば幸いです


書籍データ


ものづくりは演歌だ。 [ 包行均 ]





発売日: 2013年01月
著者/編集: 包行均
出版社: ダイヤモンド社
サイズ: 単行本
ページ数: 221p



経営・経済関係・自己啓発 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『振り切る勇気 メガネを変える JINSの挑戦』を読んだのですぞ

どうもラノベ読んだり経営者の施工秘話を読んだりと
よくわからないですね!笑

さて、今回読んだのは

こちら



振り切る勇気 メガネを変えるJINSの挑戦

です

メガネメーカーとして、その名をきくことが多いですが
やはり印象に残っていたのは
あのCMです

「軽い」

その点に関しましては、本に書かれておりますが
タイトルのとおり、経営者である田中さんにとって
ある分岐点がいくつかあったのですが、そこで「思い切って振り切る事、フルスイングする勇気」を何点かご紹介してくれております

その覚悟ができるまでの成功と失敗
特に、奥様に渡せるお金が少なかったシーンの描写は私もグっときました
遊んでいて、失敗
しかし、その失敗を糧に諦めることなく挑戦し、「いざ!!!!」というタイミングでは、フルスイングを行う

一気に読みました
リアルであり、真実なのだから
ヤン・カールソンの『真実の瞬間』もそうですが、成功の糸口を見せていただけたと思います

今後の私の人生にいかせるよう
糧にできるようになりたいですね

思うだけでなく、行動もしないと結果は現れない

PR
 





わかっているつもりで
わかっていない自分が情けなくなってきます
そんな冬の前の夜

今度はもっと気楽に読める本に行くと思います
それでは、最後までご覧いただき
ありがとうございます
少しでも、皆さもご参考になっていたけたら幸いです

書籍データ

振り切る勇気 [ 田中仁 ]




発売日: 2014年05月15日頃
著者/編集: 田中仁
発行元: 日経BP社
発売元: 日経BPマーケティン
サイズ: 単行本
ページ数: 191p



経営・経済関係・自己啓発 | コメント:0 | トラックバック:0 |

クラウドファンディングで資金調達!

どうも
またまた、更新します
今回は、いままでとまったく違った本です

いわゆる「How To」本のご紹介です

以前、会社でクラウドファンディングと呼ばれるプロジェクトで資金を調達して
見事達成し、販売へ繋げた商品がございまして
その時に、とにかくクラウドファンディングってなんなの?といった観点から本を読もう!となり
購入するきっかけになりました


P1290917_convert_20161108135211.jpg

クラウドファンディングで資金調達!  アイデアだけで1000万円!

まって!そもそもクラウドファンディングってなに?との疑問もあるでしょう
簡単に質問しますと

夢やアイディアはある!と常日頃から思っていましたが
先立つものが(資金など
では、そのアイディアに投資してもらいましょう!というのがクラウドファンディングです

自分のアイディアを、クラウドファンディングのサイトを通じて、理解していただき
それに共感したひと、応援したい人
こんな商品(食品など)がほしかった!
といった人々が、先行投資してくれます
それに対して、プロジェクトが成功した場合は
目標金額に達成した場合ですね、その投資した項目に応じて商品なりサービスが提供される
そういったシステムです

その仲介をしている企業が、日本にも数社ございまして
目標金額に達成しない場合は、金額もすべてサポートしてくださった方々へ返金される
目標達成型

目標金額も設定してあるが、サポートした時点で購買が成立する
即時支援型

大きく分けて、この二通りのやり方がございます
仲介企業は、その時の成功報酬に応じた金額を受け取れます
つまり、アイディアを出した人へサポーターが投資したら、そのお金の一部が仲介企業に行きます
日本は、海外と違って少しパーセンテージが高く設定されておりますが
おおむね

5~15%程度の手数料とお考えください

PR
 







そこで、成功すると資金集めだけでなく様々な販路が開拓できたりと
メリットが沢山ありました
しかし、無知では何もできなので
いくつか、本を探りましたが
アホな私でも読めそうな!ということで上記の本をチョイス

やはり、とても読みやすいです
そして、わかりやすかったです

東北ずん子と呼ばれるキャラクターを中心に説明され
文字の大きさも見やすく、苦にならない本だと思います

これはおススメできる一冊です
もし、クラウドファンディングに興味があり
やってみようかな?とお考えの場合は、ぜひ手に取っていただきたいです

それでは、長くなりましたが
このへんで
ありがとうございます。

書籍データ

クラウドファンディングで資金調達! [ 小田恭央 ]




発売日: 2015年05月
出版社: あさ出版
ページ数: 239p

経営・経済関係・自己啓発 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「澤の屋旅館」はなぜ外国人に人気があるのか―下町のビジット・ジャパン・キャンペーンを読みました。

どうも、またまた懲りずに更新します
ご覧いただき、ありがとうございます               

さて、今回読んだ本なのですが・・・職業柄
少し経営や自己啓発関係が多くなりますが、ご了承ください



IMG_20161108_105753_convert_20161108110448.jpg

「澤の屋旅館」はなぜ外国人に人気があるのか―下町のビジット・ジャパン・キャンペーン



旅館「澤の屋」と聞くと、和風の香りが漂ってきますが
こちらの大きな特徴は、利用者のほとんどが、外国人の方で占められている

今の社長様は、婿さんのようでして
経営が傾きかけたとき、いろいろ試行錯誤したようですが(お弁当屋さんをやったり)
なかなか、結果に結びつかず肩を落としていたのですが
この外国人を招こう!と決心をし
「家族」全体で取り組んでいったところ、今では多くの外国人の方々に愛される旅館になっております

そこまでのプロセスを読む本だと思いますが

ご本人が書かれている本ではないので、少し割愛されている部分や
もっと深く知りたい!といった部分が薄かったりしますが
「HOW TO」を多く取り入れているので、そこは勉強になりました

特に、家族の写真をHPのTOP画像に使おう!とした流れや
「言葉」の壁

などなど

余すところなく読める一冊だと思います


PR
 





東京の下町で活躍する
心温まる家族のお話しと、その軌跡を追うことのできる
いまもって、東京オリンピックが決まり
外国人観光客に対する、日本の努力
個人の努力、企業の努力が底上げ、また試される時代になっているので

私は、ド田舎に住んでいますが
それでも、今後は避けて通れない時代になってくると思うので
手始めに、と思う手にとった本です

あまり読まれない本をチョイスしているのか?
わかりませんが
とりあえず、皆様のご参考になれば幸いです

では

書籍データ

「澤の屋旅館」はなぜ外国人に人気があるのか [ 安田亘宏 ]




発売日: 2010年02月
出版社: 彩流社
ページ数: 213p

経営・経済関係・自己啓発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>