読書でなんでしょ?

私の、暇つぶしに読んだ本の紹介です。皆様のご参考になれば?との想いで書き始めました

『探偵ファミリーズ』を読んで、最後の最後がキニナル!

どうも、更新いたします
今回読んだ本はこちら↓



探偵ファミリーズ (実業之日本社文庫)


はっきり言って、とても「有り」なお話しでした
楽しく読めたのですが、最後の最後
「は!?」となっております・・・

それは読んでからのお楽しみに

以下あらすじ

格安家賃のシェアハウスに住むことになった元・美少女子役の五月女リオは見返りとして大家の営む「レンタル家族業」を手伝うことに!リオが演じるのは、人気漫画家の妹役からワケあり老人の息子役まで様々。一筋縄ではいかない依頼と次第に増える「家族」たちが、思いもよらない事件を呼び込む!?結末までイッキ読み、笑いと衝撃の本格ミステリ。


とのことですが、本当に思いもよりません
なんじゃそりゃ!?とツッコミを入れたくなるような
展開ばかりですが、それがとてもコミカルで肩に力を入れずに読めます

個人的には、ストーカー?の香が良い味出しております
あまり登場しませんが

読んでいて、不快にならない展開と内容がとても心地よく
推理の無理やり感は否めませんが、それもこの世界観にマッチしているのかな?
最終的には「我慢」ってどんなトリックですか・・・

あまりネタバレは控えておりますので、ここら辺でストップしますが

それと、大きなテーマは「家族」
どのようにして、絆を紡ぎ
回復していくのか、その点も読みどころ?かと思います。


PR






過去のトラウマから、いかにして解放され
他人が、どのように絆を深めていくのか
そんな物語、ありがとうございます



書籍データ

探偵ファミリーズ [ 天祢涼 ]




発売日: 2017年08月03日頃
著者/編集: 天祢涼
出版社: 実業之日本社
発行形態: 文庫
ページ数: 368p

最後までお読みいただき、まことにありがとうございます。
では、次回の更新まで

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

小説-現代・ミステリー・サスペンス- | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>